Search
📊

分布

メニューに戻る

データの分布状態を確認する

スマートプロットとドリルダウンにより、データの分布状態をさまざまな形で視覚化して把握することができます。

スマートプロット - 代表値で分布を確認する

•
ボックスプロット(ボックス図)を通じて、様々な分布を一つのチャートに並べて視覚化して把握することができます。
•
データを最大値、最小値、中央値、四分位偏差で分けて表現します。

スマートプロット - 密度で分布を確認する

•
「ヒートマップ」は、どこにレコードが多く分布しているかを把握することができます。
•
紫色に近いほど密度が高いことを示します。
•
•
「分布」を通じて、どの位置にレコードが多く分布しているかを把握することができます。
•
青い線が長いほど、該当する値に多くのデータが存在することを意味します。

ドリルダウン - 全体の平均を基準に数値の分布を確認する

•
HEARTCOUNTのもう一つの視覚化機能ドリルダウンにより、Excelのピボットテーブルをより簡単かつ多次元的に体験することができます。
◦
分布を確認したい数値型変数(売上などの指標)を選択し、上の図のように条件を制限なく追加し、様々な条件下で数値の分布を確認し、比較することができます。
•
全体平均を基準に、最も遠い値を降順で表示することもあります(全体平均より小さい値と大きい値を確認可能)。
•
ツリーマップ機能を使って階層的な可視化も試してみてください。